寝ていて腰痛が!これってマットレスのヘタレが原因?

寝ていて腰痛が起きたり、また普段からの腰痛が寝起きにひどくなったりするということ、結構ありますね。

原因も多くあるのですが、やはりマットレスがその最も大きな割合を占めています。

合わないマットレスや、ヘタレたマットレスが原因での腰痛、なんとかしたいものですね。

マットレスが原因での腰痛とは

一言でマットレスが原因と言っても、実は原因は1つではありません。

様々な原因があり、下手をするとそれらが重なって、結果腰痛につながっているのです。

最も多いのは、合わないマットレスを使用することによる腰痛です。

自分の身体に合わない、寝ていて身体が不自然な形になってしまうマットレスなら、これは体調不良は当然です。

例えば、体重の重い人が柔らかいマットレスで寝ていたとします。

そうなった場合、その人の腰はどんどんマットレスに沈み込んでしまいます。

腰だけが沈む、くの字の形になってしまうのですね。

結果、普通以上の負担が腰にかかりますから、これで腰痛が起きないわけがないということにもなります。

これと逆に、体重が軽くてあまり筋力のない人の場合、硬すぎるマットレスに寝てしまうと身体が反り返ってしまいます。

反った形で寝ていたら、これは苦しいですね。

苦しいだけでなく反っている腰椎や、その周辺にも炎症が起きてしまいます。

自分に合ったマットレスは、これは腰痛緩和のためにも熟睡のためにも必須なのです。

そしてもう1つ問題なのは、マットレスの劣化です。

マットレスにも寿命というものが

マットレスだってもちろん寿命があります。

問題なく使えていたとしても、ふと寝心地が悪い感じがしてよく見てみたら、劣化していたということもありますね。

スプリング式のマットレスの場合、スプリング自体がだめになってしまうので、ある意味使用者が気づきやすいのです。

しかしウレタンタイプのマットレスや布団などは、気が付かずにそのまま使用してしまうことが多いです。

結果、ある日突然寝起きに腰痛がとか、休んだはずなのに昨日の疲れが残ったまま、などということにあるのです。

この寿命による劣化、最もマットレスに出るのが腰の部分です。

寝ている時に最も多く体重がかかるのは、この腰の部分です。

ここから劣化が始まるのは当然ですね。

簡単に言うとこの部分が、凹んでしまうのです。

となると、それこそ身体がくの字になって腰が沈み、腰痛のもとになるわけです。

できれば何とかケアできないのかマットレスのヘタレ

こういった時に最も効き目があるのは、マットレスの買い替えです。

新しく自分に合ったマットレスを購入使用ができれば、これに越したことはありません。

しかし予算の問題や、古いマットレスをどうすればいいかなど、すぐには対応できない場合もありますね。

マットレスを裏返してみる

マットレスの表側が凹んでいるなら、ひっくり返してしまえばその凹みも解決できます。

カバーごと裏返せるものもありますが、カバーは表裏がある場合は中身のウレタン等だけ、ひっくり返してカバーに入れ直しましょう。

ただこれをやっても、数日使ってみたら凹んできたと言う時は、その部分だけでなくマットレス全体がすでに寿命です。

諦めて新しいものを購入するほうがおすすめです。

マットレスの上下を入れ替えてみる

腰の部分と言っても、完全に中央とは限りません。

マットレスの長さやその人の身長にもよりますが、中央から外れていることもあります。

そうした場合には、上下を入れ替えて寝てみてください。

特に三つ折りタイプのものなら、頭の方にヘタれた部分を持っていくこともできます。

カバーの中で入れ替えるのです。

ただひとつなぎのマットレスで完全に中央に凹みができている場合は、この手は使えません。

タオルを使用しつつマットレストッパーで

一時的に凹みをカバーするにはタオルなどを利用します。

でもこれは応急処置です。

しかしマットレストッパーを同時使用することで、それなりに使えるようにもなります。

凹んだ部分をタオルなどである程度埋めてから、マットレストッパーをその上に置きます。

4センチ位の厚さのマットレストッパーなら、結構寝心地は良くなります。

タオルを入れすぎると今度は、身体が反り返るのでその点だけは注意が必要です。

最終的には買い替えを

凹みにてついての処置は、それなりにあります。

しかし所詮応急措置であることに変わりはありません。

実際にマットレスにこういったヘタレが見られた場合は、寿命と見て間違いありません。

腰痛がひどくなってからでは、もう遅いのです。

なのでマットレスにヘタレが見られた場合は、腰痛持ちもしくは現在は腰痛はないという人でも、予防のためにマットレスの買い替えを考えてください。

新しいマットレスの代金は痛手ですが、腰痛による出費や苦しさよりは絶対にマシなのです。

まとめ

マットレスが原因での腰痛にも種類があります。

使い古されてヘタってしまったマットレスによる腰痛は、発見が遅れることもあるので注意が必要です。

どうもお尻のあたりの具合が、寝た時に良くないと思ったら、しっかりとチェックしてください。

そしてヘタっているようなら、それなりの対処をして腰痛に発展しないようにしたいですね。

おすすめ

人気の投稿