マットレスの腰痛予防効果を維持するためには、品質の高い商品選びと適切な使い方が重要

腰痛を抱えている人は、寝具のマットレスにも気を配ってる人が多いでしょう。

腰痛予防に適したマットレスを使用しているものの、「効果を感じない」「効果が薄れてきた」という状態になる場合があります。

マットレスの劣化を抑える工夫や、品質の良いものに買い換えることが大切です。

適度な反発力のあるマットレスが適切

人間は、生活の中で多くの時間を睡眠に割いています。

睡眠時に腰の負担を軽減することは、腰痛予防にとって非常に重要です。

症状を抱える人は、マットレスを選ぶ際に、その対策になる機能性の高い製品を購入する場合も多いでしょう。

腰痛対策のマットレスとして大切な部分は「反発力」です。

一般的に柔らかいマットレスは寝心地が良く、腰への負担を軽減してくれそうなイメージがあります。

しかし、体が沈み込んでしまうため、かえって腰に負担がかかる場合があります。

適切な反発力のあるマットレスの方が、腰への負担を軽減できます。

但し、硬すぎるマットレスも要注意です。

反発力が強すぎると、腰やその他の部分に大きな負荷がかかり、腰痛にとって良くありません。

快適な寝心地を維持できる、適度な反発力を持ったマットレスの使用が適しています。

腰痛予防効果を感じないマットレスの理由

腰痛予防としてのマットレスは、その目的を主眼に置いて作られたものを購入することが最も適切です。

但し、機能性の高いものは値段も上がる傾向があり、結果的に安い価格帯のものを選んでしまうケースもあります。

また、マットレスの購入時は軽い腰痛の症状であったものが、年月が経つにつれ症状が悪化し、もっと高品質なマットレスが必要になるケースもあります。

腰痛の対策になるマットレスを購入したものの、効果が思うように出ない理由は様々です。

価格帯の安いもの

腰痛予防に効果的と宣伝されているマットレスの中にも、それぞれで品質の差はあります。

積極的な対策になるものもあれば、ある程度腰への負担を軽減する程度の製品もあり、選別が必要です。

腰痛予防を考慮してマットレスを購入したものの、価格帯が非常に安い製品の場合は、効果が十分でない可能性があります。

効果的な腰痛対策が可能なマットレスはそれなりに値段も高くなるため、価格帯の意識は重要です。

格安商品のデメリットは、購入した当初は問題なくても、すぐにへたりなどの劣化が生じる場合が多いことです。

マットレスの寿命は、低反発のものと高反発のもので違いがあります。

低反発のものは柔らかいため、使用する中でへたりが生じやすくなる場合があり、高反発のものに比べて寿命が短い傾向があります。

高反発のマットレスであれば、一定の価格帯の商品で正しく使えば、10年近く使用できる場合もあります。

低価格の商品になれば、低反発も高反発もあまり関係がなく、長い期間の品質維持が難しくなります。

あまりに激安のものであれば、1年も経過しないうちにへたりが生じ、もちろん腰痛対策として使い物にならないケースが多いです。

腰痛対策としてのマットレス購入を考える場合は、1万円以下で買えるような安いものではなく、ある程度高価な価格帯のものを選択することがおすすめです。

劣化が進んだマットレス

購入時点では品質が高くても、やはり使用する中で劣化は進んでいきます。

劣化の度合いは価格帯や使用状況によって違いがありますが、マットレスに違和感が生じた場合は買い替え時期と判断することが適切です。

特に使用から10年近く経過するようなマットレスは、腰痛対策としての機能性が購入当初に比べてかなり下がっている可能性があります。

品質、使用年数、日常の使い方を考慮して、買い替えの時期を判断することが適切です。

マットレスは使い方によっても、劣化の度合いに違いが生じます。

長期間の使用を意識する場合は、品質をできるだけ維持する工夫した使い方が必要です。

特定の箇所にヘタレが生じないように、マットレスを上下や裏表で位置を変えて使用することや、劣化を防ぐため清潔性を保つ工夫、湿気対策などが有効です。

購入時点の慎重な検討が大切

最初の選択を誤ると、腰痛予防に効果を感じないマットレスをずっと使い続けることになります。

選ぶ際には複数の商品を比較し、様々な口コミも参考にしつつ、自分に合う商品かどうかを検討することが大切です。

例えば、三つ折りできるマットレスは収納に便利で使いやすいですが、腰痛対策としては不向きな面があります。

折れる部分に隙間があるため、腰痛を抱える人にとっては、腰の部分がその位置に来ると不具合を感じることがあるからです。

しかし、商品によっては三つ折りであっても腰痛対策に問題のないものもあります。

購入する前に、実際に寝心地を確かめてみることが最も有効ですが、ネット購入の場合はそういうわけにはいかないでしょう。

ネット通販では非常に多くの費用対効果の高い商品から選択できるメリットがありますが、事前に寝心地が確認できないため、商品説明に対する確実な理解や、実際の使用者の感想を確認することが大切です。

まとめ

腰痛対策をメインにしているのであれば、そこに焦点を当てたマットレスを購入することが最も適切です。

片付けがしやすいなど、他の機能を求めすぎると、本来の目的に合わない商品を選んでしまう可能性があります。

一定の価格帯のものは耐久性も優れているため、結果として費用対効果の優れた使い方ができる場合が多いです。

こちらもご覧ください。

人気の投稿